• Home
  • パパのヒント&トピックス

パパのヒント&トピックス

2014年04月07日日経Kids+「中学受験する?公立に行く?」に執筆

★お知らせ★


51qM3Fy-LPL._SL500_AA300_.jpg
日経Kids+のムック「中学受験する?公立に行く?」の中で、「中高一貫校のことを正しく知っておこう」というテーマで、11ページ、記事を執筆しました。
「先取り学習ができて、大学受験に有利」というメリットはおまけみたいなもんなんです。

このページのトップへ

2014年02月05日新刊『進学塾という選択』好評発売中!

★お知らせ★


1/24 『進学塾という選択』が発売されました。
現在、アマゾンでは72位!

公教育に対するアンチテーゼとして、学校教育のパートナーとして、社会のセーフティネットとして、塾の存在意義にせまります。
写真は2/5の日経新聞朝刊に掲載された広告。

0205nikkei.jpg

このページのトップへ

2014年01月18日2月2日下北沢B&Bで「アラフォー男子」イベント

★お知らせ★


arafou_h1.jpg
2月2日 19:00−21:00 @下北沢B&B 『アラフォー男子の憂鬱』の著者4名によるトークイベントやります。(有料)
詳細はこちらから。B&Bホームページ
常見氏が喋り倒し、速水氏がつっこみ、ボクと赤木さんはただ笑っているというトークショーになりそうですが。まさにこの写真のように。。。この写真、僕たち4人の関係性や、本の雰囲気を本当によく表していて、気に入っています。

603952_3666191229449_2119403825_n.jpg

このページのトップへ

2014年01月18日プレジデントファミリー3月号にインタビュー掲載

★お知らせ★


ecc49ba0ff.jpg
プレジデントファミリー3月号(1/17発売)の巻頭連載「著者の素顔を見た!」に、『もし中学受験で心が折れそうになったら』の著者として、おおたのインタビュー記事が掲載されています。
IMG_1757.jpg

このページのトップへ

2014年01月16日たまごクラブにおおた監修記事掲載

★お知らせ★

pic_book_cover1.jpg
1月15日発売の「たまごクラブ」の新連載「夫専用」たまごクラブ初回の監修者としてコメントしてます。

Q 妊娠してから妻はどう変わった?
a 「つらい」「もうヤダ」などと弱音を吐くようになった。
b「なんで帰りが遅くの?」などと難くせをつけるようになった。
c 最初はいろいろと怒っていたが今は特に何も謂わなくなった。

いちばんやばいのはcです。
詳しくは誌面にて。
1511720_754474757915359_1004573269_n.jpg

このページのトップへ

2013年12月28日産後クライシスには意味がある

★パパのヒント★

※この記事は20013/11/19に掲載し、その後随時アップデートしています。

産後クライシスという言葉が話題になっている。
産後、夫婦の愛情が冷めるという現象だ。
これは古今東西不変の現象である。
「産後クライシスを回避せよ」的な書籍も売れている。

しかし産後クライシスが生じること自体に、実は大切な意味がある。
 
そういう主旨のブログを書いた。
1と2はいっていることは同じ。前者は平易な言葉で、後者は心理学的に書いている。
1を読んで腑に落ちないところがあったら、2を読むといいかも。

夫が育児や家事に積極的であることが産後クライシス現象を緩和するということはあるだろう。
ただし、私がこれまで聞いてきた父親たちの話からすると、産後クライシスをこじらせてしまっている夫に共通するのは、妻を「母親」としか見られなくなっている夫なのである。
「やってもやっても認めてもらえない」と嘆く夫は、「母親としての妻を、父親としてサポートする」という意識になってしまっていることが多い。
そういう気持ちでいくら育児・家事をがんばっても、産後クライシスは軽減できないだろうと私は思うし、実際にうまくいっていない。

ということも書いた。

そもそも「少子化を防ぐために子どもを生もう!」「産後クライシスを防ぐために育児をしよう!」といえばいうほど、出産や育児を「目的」のための「手段」に貶めてしまうという負の側面があるから気を付けてほしい。「学歴のために勉強しよう!」みたいな、本筋を外した話になってしまう。
そういう側面があることは否定はできないが、それをメインメッセージにしてはいけない。
産後クライシスについてみんなに知ってもらうことはとっても大事。
しかし、「産後クライシスを回避するために育児しよう!」という結論に結びつけるのは本末転倒だと思う。

NHKの『産後クライシス』(緑の表紙)よりも、岡野あつこさんが書いた『産後クライシス』(ピンクの表紙)のほうがダンゼンに本質的なことが書かれているのでおすすめ。

そして、一応、男性ばかりが悪者にされるという風評を食い止めるために、NHKのデータの取り扱いの誤りも指摘しておきます。ああ、ほんと、めちゃくちゃ......。
これについてはデータの大元のベネッセの方とも直接お話ししました。
ちゃんとデータを見てもらえればそういう意味じゃないということがわかるはずなのに、一部だけを利用されてしまった。取り上げていただけるのは有り難いが、私たちの間でも複雑な気持ちが広がっています」とおっしゃっていた。そりゃそうだろう。

いや、たしかに奥さんに家事も育児も押し付けっぱなしの男性は多いんですよ。でも、犯人捜しやダメ出しでは、彼らは変わらないでしょう

産後クライシスをじっくり考えると、「そもそも、人はなぜ結婚するのか」という問いにもたどり着く。それについても書いた。

幸せな家族を築くということは、この世に天国をつくるような奇跡的な営み
成功すれば家が本当に天国になる。他に何も要らないと思えるようになる。
奇跡的な営みがそう簡単にできるわけがない。何十年も時間をかけてつくるもの。
それに一度天国っぽくなってきたからといって、怠けているとすぐに天国は崩壊してしまう。
天国を天国であり続けるために必要なのはたぶん誠実さと勤勉さと感謝の気持ち。
赤の他人が結婚して、親になって、いきなり幸せな家族になれるわけがない。
「子どもができたらしあわせいっぱいになるはずなのに、産後クライシスなんておかしい!」なんて幻想を抱いているほうがおかしい。

12/6、NHKが、今度は「母娘クライシス」という特集を組んだらしい。番組を見てはいない、しかし産後クライシスが話題になっているときに母娘クライシスに注目することには大変に意義がある。これらは同根である場合も多いからだ。
そのことについてもまとめた。
産後クライシスを小手先で回避してしまうと、肝心の人間的成熟が得られない
そうすると、産後クライシスがおわったとしても、セックスレス、不倫、保育園クライシス、職場復帰クライシス、転職クライシス、お受験クライシス、姑クライシス、ご近所クライシス、中学受験クライシス、思春期クライシス、更年期クライシス、リストラクライシス、定年クライシス...いろんなクライシスが次から次へと押し寄せることになる。

12/18にはNHKラジオ第一の「ラジオあさいちばん」の「おおたとしまさの子育てのトリセツ」のコーナーで産後クライシスについてお話ししました。
そのときの音源はこちらで聞くことができます。

12/25東洋経済オンラインに拙稿「『産後クライシスを回避せよ』にご用心!」が掲載された。あの記事はもともと6000文字くらいあったものを文字数制限の関係で約半分にまで切りつめたもの。多少言葉足らずな部分もあるので、下記URLにオリジナル完全版を掲載しておく。

1/25 オールアバウトに5回連続で掲載した「間違いだらけの産後クライシス論争」がまとめ記事になった。編集担当(30代子育て中の女性)がNHKの本を読んで、「論理展開の雑なこと!」とびっくりして、おおたの記事を多くの人に読んでもらわなきゃということで、まとめてくれた。これがいちばんまとまっていてわかりやすいかも。
 

参考図書を「父親書房」「産後クライシス」のコーナーにまとめた。
海外の文献がメイン。科学的な検証や事例が豊富。ただ、どれも分厚いし、ちょっと難しいものも多いのでとっつきにくいかもしれない。
これらの本を読む父親読書会みたいなものを開催するのもいいかもねと思い始めた。
どれも分厚い本なので、1カ月に1冊くらい課題図書を決めて、事前に読んで、印象に残ったところをみんなでシェアするみたいな。
思い込みで男の子育てを語るのではなくて、ちゃんとした知識を身につけるという主旨で。
来年やるか!
どなたかご興味のある方がいれば、ご連絡ください。→やること決定!興味のある方連絡ください。
 
そして、まさに産後クライシスを前向きに乗り切るための具体的な方法を、
パパ向けには『忙しいビジネスマンのための3分間育児』(ディスカヴァー)
ママ向けには『パパのトリセツ』(ディスカヴァー)
に、すでに著しておりますので、よろしければどうぞ。

3min.jpgパパのトリセツ.jpg




このページのトップへ

2013年12月19日『Dream Navi』におおたコメント記事掲載

★お知らせ★


dream_navi_201402.jpg
教育月刊誌『Dream Navi』2014年2月号の「やってよかった中学受験」の特集の巻頭で、「そもそも、なぜ中学受験をするの?」というテーマでコメントした記事が、4ページにわたって掲載されています。
中学受験のメリットを、入試の前と後の2つの面から語りました。
同じ記事の後ろに、リクルートで同期だった経沢香保子さん(桜蔭出身、現在は株式会社トレンダーズ社長)と、拙著『女子校という選択』でインタビューさせていただいた日テレのアナウンサー馬場典子さんも載っていて、思わぬ共演にうれしい!

IMG_1649.JPG

このページのトップへ
  • 前へ