パパの悩みを分かち合う 今週の相談事例集

パパからの相談にどのようにお返事したか、また、パパはその後どうしたのかをご紹介します。
(プライバシーに鑑み、内容を一部変えてご紹介しています)

2014年07月25日

産後クライシス!?で妻がおかしい(30代、1児のパパ)

【初回相談主旨】


いわゆる産後クライシスというものかと思うのですが、産後夫婦関係が悪くなっているのを感じます。結婚して4年は子どもがおらず、とても仲良くやっていました。産後、妻は1年ほど育休を取ったのち、息子を保育園に預けて職場復帰しました。そこから最近特におかしくなりました。今後、どうしたらうまくやっていけるのかがわかりません。妻も子どもも可愛いのでうまくやっていきたいのです。


私はIT関連会社で管理職として働いています。帰りは遅くなることもありますが、早く帰れた日あるいは休日はなるべく料理や家事全般、オムツ替え、お風呂入れ、病院通いなど育児も積極的に手伝っているつもりです(これが逆に負担なのかもしれません。また保育園の送り迎え、保育園関係だけあまり絡めていません。ここが要因かもしれません)。性格は適当な性格ではあります。


妻はもともと環境の変化に強くない傾向はあったのですが、最近、育児と仕事、家事の両立で夜も眠れず疲れ、ストレスが溜まりイライラしているのだと思います(本当に大変だと見ていてわかるので出来る限り家事育児は手伝っているつもりです)。


妻は友達があまり多くありません。真面目で完璧主義、比較的潔癖。何事も自分のやり方でやらないと気が済まないタイプで、一人で抱え込み、他人には話をしたがらない、迷惑をかけたがらない、かつ自己犠牲な他人優先な傾向があります。良くいえばとても気が利くタイプです。


そんな妻と先日も喧嘩(というか一方的にきれられましたが)。一家で感染症になりました。私は病院に行き数日後に治りました。息子はまだ治療中です。妻は授乳中ということもあり薬が飲めないからと病院に行きたがりません。このままだとみんなでうつしあって息子も治らないから病院に行ってほしいと何度も伝えても、もうその話は聞きたくないと受け入れず、今も病院に行きません。私が病院に行った際に授乳中でも飲める薬があるのは確認したのですが、聞く耳を持たずまだ症状は改善されていません。悪化するのが心配で伝えても聞いてくれません。


そんなやり取りで喧嘩をしてしまいました。その喧嘩もそうですが、本人は産後鬱だからと自分にはあまり話しても仕方ないといった感じになっています(忙しくて精神的な病院にも行っていません)。イライラしている時と連休時などまるで人が違うみたいな時もあります。本当はとても優しくて素敵な妻だったのです。


大変長くなりましたがこういう状態で今後私はどうしていったらうまくいけるのでしょうか。




【初回返信主旨】


はじめまして。パパの悩み相談横丁のおおたです。
メールありがとうございます。


さて、仕事と育児の両立でストレスをためている奥様が産後うつ気味になっているのですね。
Dさんもできるかぎり育児も家事も分担されているようですが、焼け石に水という感じでしょうか。
完璧主義の奥様なのでしょうね。
病院に行ってくれないというのは、客観的に見れば困りますね。
でも奥様はいま心の余裕をなくし、的確な判断ができなくなっているのだろうと思います。
そこで正論を並べ立ててもさらに頑なにするだけでしょう。


奥様が感じられている負担感というのは、たぶん物理的な大変さではないと思います。
仮にDさんが大半の育児や家事をこなしたとしても、奥様の状況が劇的に変わることはないでしょう。
奥様は今、子育ての不安、仕事の不安などから、自己肯定感が下がってしまっている状態ではないかと思います。


Dさんは奥様対して日常的に愛情を表現していらっしゃいますか?
自分が大切な人から愛され、支えられているという実感があれば、心の余裕はある程度取り戻せます。
そこから始めてみたらいかがでしょうか。


参考までに産後クライシスについての記事を読んでみてください。
http://www.papanonayami.net/jyuku/cat69/20140614093533.html

お互いがんばりましょう。




【その後】


「ご指摘いただいたとおりかと思います。愛情表現、自分はストレートな方なのでしているつもりですが、頑張ってみます。最近も気分の浮き沈みや家事を手伝って余計にイライラさせてしまったりと、なかなか大変ですが。」というお返事をいただきました。


こういった葛藤も、夫婦が進化していくためには必要なこと。しかし一朝一夕に状況が改善してくれるわけでもありません。前向きに、焦らず、取り組んでほしいと思います長期的視野で取り組めれば、少しずつ状況は好転をし始めるはずです。

  • 前へ
  • 次へ
このページのトップへ