パパの悩みを分かち合う 今週の相談事例集

パパからの相談にどのようにお返事したか、また、パパはその後どうしたのかをご紹介します。
(プライバシーに鑑み、内容を一部変えてご紹介しています)

2015年04月23日

産後、妻が、僕の両親を避けるようになってしまった(20代、1児のパパ)

<初回相談主旨>

 出産前は妻と私の両親と悪くはない関係に見え、ご飯を一緒に食べに行ったり、一緒に遠出をしたり、実家に二人で顔を見せに時々行っていました。
 しかし、産後2ヶ月頃から、私の母を嫌い始めました。
 私としては私の実家に2,3週間に1回程度でもいいので孫を見せに行きたいのですが、月1回と言われ、それなら私一人で孫を見せに行くのはどうかと言いましたが、それも嫌といい、話し合いをしても妻は怒り泣き出し譲る事はありませんでした。もちろん私の母が会いに来るのも嫌がります。
 しかし、妻は私が仕事に行った後、月曜から金曜まで毎日自分の実家に帰って日中ほとんど自分の実家にいると数週間前、自分で言っていました。
 自分の親には毎日合わせているのに、うちの親には月一回一時間程、この差はあんまりだと思い、私を育ててくれた親が嫌われ、孫に会わせられず、妻の実家と差をつけられ可哀そうに思い胸が痛みます。
 どうにか解決しようと、再度夫婦で話し合いもしましたが、妻は産後で気持ちが不安定になっていることもあり、どうしても嫌だから会わせたくないと言い、怒り、泣きだし、私の実家に見せるために産んだんじゃないないとまで言われてしまいました。
 妻の実家にも相談に行きました。妻の両親からは「妻が実家に来るのは育児が大変なんだからしょうがないでしょ」、「冷たいようだけど、そういう場合は旦那が実家から離れるのも家族を守ることになるんだよ」、「女は実家に寄りつくのは当たり前、男は結婚して子供が生まれても、普通は実家に寄りつかないものだ」等、納得できない事を言われました。妻の両親がこのような考えでは娘も当然そうなるのだろうなと思いました。妻の両親は毎日妻と孫に会っているのに会えない私の両親の気持ちがわからないものだろうかと思い、嫌いになりそうでした。
 妻が実家に帰る回数を減らせとは言いません。ですが、せめて2?3週間に1回親に孫を見せてあげたいです。
 私は妻が大好きで、悲しませたりしたくはないです。ですが、親も大事なのでどうしたらいいか悩んでいます。 時間がたてば妻は出産前のように私の実家を嫌いじゃなくなるのか、それもわからないので先が見えません。
 このような妻の実家嫌いに対して私はどうしていったらよいのでしょうか。
 補足なのですが、私は家事と育児を休みの日や仕事から帰ってから分担で行っています。数日前に妻から私に不満はないし、家事も育児もたくさんしてくれ何でもしてくれて満足しているし大好きだと言われており、でも私の実家の事を何度も話されると嫌になると言われました。
(20代、1児のパパ、Mさん)



<初回返信主旨>

奥様のことも大好きだし、ご両親のことも大好きなのですね。
Mさんは、愛情いっぱいに育てられた愛情いっぱいの人なんでしょうね。
でも大好きなご両親と大好きな奥様の関係がよろしくないのですね。
板挟みで辛いですね。

産後の情緒不安定期ということもあるでしょう。
無性に意地悪になってしまいますから、もしかしたら、Mさんが大好きなご両親への嫌がらせをすることで、Mさんを困らせることが、奥様の「無意識」の目的なのかもしれません。
それでも自分には優しく接してくれるM様を見て、安心を得たいのかもしれません。
あんまりいい作戦だとは思いませんが、そういう構図の夫婦は意外と多くいます。

今、Mさんは、奥様に変わってもらいたいと感じていると思います。
しかし、他人を変えようと思ってもほとんどうまくいきません。
変えようとすればするほど、相手も頑なに変化を拒みます。

こういうときに大事なのは、相手に安心感を与えることです。
相手の考えを、最後まで聞き、共感してあげることです。
「自分がしっかり理解されている」という安心感があれば、人はいい方向に自ら変わりはじめます。
奥様に対して変化を要求するのではなく、奥様の考え方をそっくりそのまま受け止めてあげてください。
なんでもいいなりになるということではありません。
気持ちを受けとればいいのです。
自分の意見ははさまずに、「なるほど」「そうか」「そういう気持ちだったんだね」などと言いながら、奥様の気持ちを、そっくりそのまま受けとってください。
相手を変えるためにやるのではなく、純粋に奥様のワールドを理解するという気持ちで臨んでくださいね。
そうでないと、見透かされてしまい、うまくいきません。
自分の気持ちを100%受けとってもらえたという安心感があれば、奥様の意地悪も次第にかげをひそめるはずです。

時間はかかるかもしれませんが、試してみてください。
そしてその間、ご両親にはさみしい思いをさせてしまうかもしれませんが、ご両親であれば理解してくれますよね。
板挟みで大変だとは思いますが、うまくバランスを取ってやっていくしかありません。

そんな感じでしばらくやってみて、少しでも変化があるかどうか、見てみてください。
お互いがんばりましょう!


<その後>

2,3度のメールのやりとりの後、「妻の方は、妻と子供を両親より優先にし、何か妻が言った時は「そうだよね」、「そうだったんだね」等の言葉で受け入れるようにし始めてから、少しよくなったように思われます。この前、来月は私の両親と出掛けて子供の服でも買ってもらおうかと笑いながら話しておりました。このまま少しずつでもよくなって昔のように戻ってくれればと思っております。」という返事をいただきました。
Mさんの努力、思いやりが、少しずつ家庭の中の空気を変えているのだと思います。
きっとMさんも、自然にそれができるようになっていくと思います。
そして奥様もいつの間にか変わっていくと思います。
「ときどき巻き戻しにあって、がっかりすることもあるかもしれませんが、3歩進んで2歩下がるくらのペースでいきましょう」とアドバイスし、ひとまずカウンセリングが終了しました。
それにしても、最近多いです。お互いの実家付き合いの悩み。
核家族での子育ては大変ということが広く認知されるようになりました。
それにともない、実家に頼るケースが増えてきました。
その分、実家との摩擦が生じているのでしょう。
何事も、いいこともあれば、悪いこともある。
でもいいところに目を向けていけば、いいところが増えていきます。
最初からおいしいとこどりはできないのですね。

  • 前へ
  • 次へ
このページのトップへ