パパの悩みを分かち合う 今週の相談事例集

パパからの相談にどのようにお返事したか、また、パパはその後どうしたのかをご紹介します。
(プライバシーに鑑み、内容を一部変えてご紹介しています)

2016年09月29日

「自由でいいね」と、妻に嫌みを言われモヤモヤする(Gさん、30代、1児のパパ)

【相談内容】

なるべく残業は絞って、お風呂の時間までには帰ることができるように、日中妻はワンオペで大変だろうから少しだけでも楽してもらいたいと早く帰るように心掛けてきましたし、料理はともかく食器洗いや寝かし付けなども積極的に行ってきたと思っています。

子供と触れ合っている時間は本当に幸せです。ぐずられても何されても可愛いですし全然苦じゃありません。なので、たまには妻に美容院とかちょっとした買い物行っておいでというのですが、自分がいない間に泣かれたら嫌だから行かないと頑なです。なんとなく父親としてあてにされてないのかなーとモヤモヤした気分になります。

また仕事柄、研修の際、講師の方や若手社員との懇親会が持たれることがありますが、私は飲みに行けないのに自由でいいねとチクリと言われます。職場の同僚や友人などとの飲み会は断って早く帰るように心掛けているのにその言われようと思うとそれも切ないです。最近は誘われて断るのも辛くいっそのこと誘わないでくれとも思ってしまいます。

妻へは私が日中子育てに関われない分、一生懸命育児をしてもらって感謝の気持ちで一杯です。また、妻からもいつもありがとう、感謝していると言う言葉はもらっており、嬉しく思う反面、であればもう少し...という思いも少なからず抱いてしまっています。いったい自分のなかで落としどころをどこにすればいいのかが最近の悩みです。
(Gさん、30代、1児のパパ)



【初回返信主旨】

お子様が生まれて、なんとか仕事と家庭の両立をされている感じですね。
奥様も感謝の気持ちを伝えてくれるとのこと。
いいご夫婦ですね。

でもときどきチクリと刺されるわけですね。
「私は飲みに行けないのに自由でいいね」などと。
でも一方で、せっかく美容院でも行ってきなよと提案しても「自分がいないとだめだからいけない」と奥様は言うわけですよね。
矛盾ですよね。

これを理屈で割り切ろうと思うと不可能です。
奥様は今、自分が子供にとっての絶対的な存在であることにアイデンティティを感じています。
夫にも子育てにかかわってほしいと願いつつも、自分がいないとダメなんだと思っていたいという相反する想いをもっています。
この時期の母親はそういうものだと思うしかありません。

「私は飲みに行けないのに自由でいいね」というのも、名無しさんを責めることを目的としているわけではなく、母親としてすべてを犠牲にして頑張っている自分の状況を確認したいがために夫を利用しているだけです。
ちょっとした甘えです。

「落としどころ」はそのうち見つかります。
今は、子供ができて、夫婦関係が激動的に変わる時期。
色々な衝突や葛藤が生じて当たり前です。
それらを経て、だんだんと夫婦の形ができています。
あまり力まず、流れに身を任せるくらいの気持ちがいいでしょう。
人生に完璧なんてことはありませんからね。
多少の不満や不安は人生のスパイスです。

でもあんまりにもひどいときには「そんなふうに言われると僕も傷つく」などと、自分を主語にして気持ちを伝えてみてもいいと思います。
お互い頑張りましょう!


【その後】

ご回答いただきましたとおり、私がいないと...という思いが妻は強いのだと思いますし、仕事をしていたときからそうだったようなのですが、人に任せると心配になるから、なるべく自分でやってしまいたいとはよく言っておりました。

それを子どもでもやられると、俺にだってできるとばかりに意固地になっていた自分がいたように思います。全く我ながら子供みたいです(笑)

酒の席で相談したような事を話しても、「幸せな悩みですね〜」とか「イクメンなんですね〜」で終わってしまって、今回、ご相談させていただいてご回答を頂いてスッと落とし処が見つかりました。

お互いを立てつつ、自分にできることを精一杯子供のために頑張りたいと思います。ありがとうございました。

・・・というお返事をいただき、ひとまず一件落着!

  • 前へ
このページのトップへ